WordPressを常時SSL化する方法

エックスサーバーでWordPressを常時SSL化する方法をまとめています。

常時SSL化イメージ
※2020年以降エックスサーバーでクイックインストールした場合は自動で設定されています。

常時SSL化とは

常時SSL化とは、Webサイト全体をHTTPS化(通信の暗号化)することです。

これまでは、Webサイト上で個人情報等を入力するページやカード決済ページなどのみを
HTTPS化するのが一般的でした。
ホームページを見る人がより安全に重要なデータの送受信を行うようにするために、
サイトの規模を問わず常時SSL化をぜひ行っておきましょう。

では常時SSL化してみましょう。

常時SSL化の手順

STEP1:無料独自SSLを申し込む

エックスサーバーでWordpressをを常時SSL化するには、
「無料独自SSL」もしくは、「オプション独自SSL」のお申し込みが必要です。
※このページでは「無料独自SSL」の説明のみ記載します。

まずエックスサーバーにログインし「サーバーパネル」に移動→SSL設定をクリック。

SSL手順01

常時SSL化したいドメインを選択します。

SSL化手順02

独自SSL設定追加タブをクリックし設定するドメイン、サイトを選択し「確認画面へ進む」をクリックします。

SSL化設定03

設定対象ドメインとサイトが合っているか再度確認し「追加する」をクリックします。

SSL設定一覧画面に戻りサイト名の横に「反映待ち」が表示されていたら設定完了です。
設定が完了するのに約1時間ほどかかります。
設定が完了後、次の設定に進みましょう。
※この段階では常時SSL化はされていません。

STEP2:.htaccessで常時SSL化を設定する

サーバーパネル→.htaccess編集に移動します。

SSL化手順04

対象のドメインを選択します。

SSL化手順05

.htaccess編集タブをクリック以下の記述を追加します。「確認画面へ進む」をクリック。
「実効する」をクリック

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
SSL化手順06

WordPressを常時SSL化する

ワードプレスにログインしダッシュボード→「設定」

一般をクリックします。

SSL化手順07

「WordPress アドレス(URL)」「サイトアドレス(URL)」を、httpからhttpsに変更し「変更」を保存をクリックして終了です。

SSL化手順07

以上、エックスサーバーでの常時SSL化ついて説明しました。
最後までお読みいただきありがとうございました。